造園業・植木屋の転職するためのポイント5か条

求人・転職

造園・植木屋転職方法

 

今の会社にそぐわない、現場が遠い、家庭の都合で近いところに転職したい、人間関係がうまくいかない、給料が安い、払わない・・・
など転職したいと理由はいろいろあると思いますが、造園・植木関連の転職では、押さえておきたいポイントがあります。
まとめてみましたので、転職検討中、現在求職中の方は参考にしてみてください。

造園業・植木屋に転職するために押さえておきたい5つのポイント

造園業・植木屋の求人状況

ここは、建設業にも言えますが、慢性的な人手不足で失注が出ている状況です。売り手市場なので有利な状況といえます。ただし、未経験者で30代、せいぜい40歳前半まで。経験があれば、50代でも転職は可能ですが、前職の退職理由によっては簡単にはいかないようです。
まともな造園会社・植木屋では、人事管理がしっかりしているので、一般的な社会性(一般常識)がなければ雇ってもらえない時代になっています。

 

転職するタイミング

造園会社・植木屋にも繁忙期はあります。公共工事なら年度末、年末です。その2か月前くらいであれば採用してもらいやすくなります。もちろん、求人がでていればその限りではありませんが、転職するなら時期を考えて転職活動をして方がいいでしょう。
求職活動は、今の仕事を退職してからではなく、あらかじめ見つけてから転職するようにしましょう。今の会社に悪いからなど律義に思う必要はありません。自分の生活が第一です。転職するための求職活動は、在職中が基本です。

 

転職する場所の選び方

当然、自宅から近いほうがベストですが、現場が遠くなることもあります。
逆のとらえると、会社所在地は遠いところでも、現場は近いところが多いというケースもあります。
なので、転職先の会社所在地は広めに設定して求職する方がいいでしょう。

 

面接時の提出書類

一昔前の造園業や建設業などガテン系の仕事は、面接後即雇い入れしてもらえることが多い傾向にありました。しかし、最近は最低限度の面接エチケットがない人は、転職できないケースが増えています。なぜなら、ヒューマンスキル(お客様とのやりとり、他の仲間とのやりとり)に乏しい人材は、結局長く続かず、中途退社したり、現場に行かなかったり、無断欠勤、お客様とのトラブルが多いからです。

どんなに経験が多くても、資格があっても、まともな造園会社・植木屋では、そういうところをしっかり見ますので、面接で切られます。なので、転職の際は、最低限度の求職スキルを身に着けて挑むようにしてください。履歴書・職務経歴書は最低限用意しましょう。

  1. 造園会社・植木屋への転職で必要書類「履歴書・職務経歴書」
  2. 履歴書は空欄を残さず、すべて書き込む。
  3. 履歴書には必ず写真を貼る。(スピード写真でななく写真スタジオで撮りましょう)そんなに高くありません。
  4. 職務経歴書は、具体的にやってきた仕事の内容を書いてください。

 

造園・植木関連会社に転職する方法(転職先の効率的な探し方)

転職先を探す手段は主に下記の通り。

  • ハローワーク
  • 大手民間の求人会社(リクルートなど)
  • 地元の求人ちらし
  • ネット検索(造園 求人 地域 )ちなみによく検索されている場所は、東京・大阪・神奈川・千葉など
  • 造園 求人 地域名で検索されています。
  • 友人の紹介
  • 電話帳

他にもあると思いますが、現実的には、ハローワーク、民間の求人情報、ネット検索などが多く利用されていると思います。そこそこ見つかるとは思いますが、一番おすすめしたいのは、エリアを選んだら、その地域の会社を調べて直接電話してみる方法です。
日常的に人不足の業界ですから、ヒット率は高くなると思います。
メリットとして、
・積極的に電話することでやる気をアピールできる
・求人を検討していたけど、広告を出していない会社の場合、ライバルがいない
・自分の都合にあったエリアで働ける

などがあります。

会社側は、何よりやる気を重んじますので、採用をもらえる確率も高まります。他にやっている人も少ないのでぜひ試してみてください。

ネットで効率的に条件に合う会社を探すなら下記のサイトがおすすめです。
面接通過率90%!建築・設備・土木に特化した転職支援サービス

 

まとめ

造園・植木関連会社に転職・就職する方法
・転職する理由
・転職時の書類
・転職する時期
・転職先の探し方

以上の点をまとめて、効率的に活動しましょう!